鳥取の苺狩りができる農園

リトリファーム

todayご予約
いちご狩りの
ご予約はこちら

当日のご予約もご相談ください。

0120-210-219 受付時間︰9:00~17:00
LINEで問い合わせ

about いちごについて

リトリファームがいちご作りでこだわっているポイント

1.口に入るものだからこそ、農薬を極力減らしています。

大きないちごを頬張る赤ちゃん

一般的にいちごは病気にかかりやすく、害虫に狙われやすいため農薬の使用は避けられません。ちゃんとしたいちごをお客様にご提供できなくなるため完全にゼロにすることはできませんが、リトリファームでは極力農薬を減らし、使用しても短時間で分解される農薬を選び使用しています。

2.完熟になるまでじっくり・・・だから真っ赤でおいしくなります

つややかな赤いいちご

スーパーで並んでいる県外産のいちごは完熟前に収穫してしまうため、甘さが弱く酸味が高い状態となってしまうことが多いです。当農園では、いちごが真っ赤になるまでいちごを熟成させてから収穫するので、糖度が高いいちごになります。

3.土の中を研究した栽培方法に取り組んでいます。

栄養豊富な土

リトリファームでは土と微生物の環境を考えながら栽培を行っています。植物がぐんぐんと大きくなるためには肥料は欠かせませんが、より効果的に働くような農法をとっています。これで、元気いっぱいで大きないちごが生産できます。

4.生育に最適な環境を整える管理をしています。

管理状態がしっかりしている中で生育中のいちご

人間は心地よいと感じる温度や湿度が存在します。実は植物も同様で最適な温度や湿度、CO2濃度などが存在しています。その環境を整えることで、生育のスピードが変わってくるため、ハウス内の環境整備に尽力しています。

5.専門家の指導による技術修練を怠りません。

専門家による指導を受けている様子

いちごのおいしさは栽培方法、つまり私たち生産者の腕次第で大きく変わってきます。栽培に際してはいちごの専門家に日々指導してもらいながら、技術向上に努めています。お客様においしいいちごを提供するために技術力を高めていき、さらにおいしいいちごを提供できるように意識しながら技術を磨いています。 

いちごにとって過ごしやすい環境づくり

いちごの生長は育てる環境によって大きく左右します。育てる環境を最適な形で用意すれば収穫量や品質が高くなると言っても過言ではないと思います。

育てる環境の大きな要因の1つは光です。光は光合成を行う上で欠かせない要素であり、逆に光がないとほとんど生長しません。光合成を行うことで体内に糖が作られ、その糖を変換することでいちごの体を作り果実を作っていきます。つまり光合成を最大限に行うことができれば美味しく、量が沢山採れるいちごが作れるのです。

しかし、光合成を最大限に行うことができる環境を作ることは簡単ではありません。光合成の最適な温度、湿度、二酸化炭素濃度などはわかっているのですが、自然が相手なので日々変化してしまいます。

その簡単ではない調整を日々の管理で細かく行っていくことがいちごにとって過ごしやすい環境づくりにもつながってくるのです。

光合成の要因について説明したイラスト

いちご狩りのご予約はこちらから。
当日予約もご相談ください!

tel.0120-210-219
電話受付時間:9:00~17:00

お電話の際は
「お日にち」「参加人数」「時間帯」「電話番号」
4点をお伝えくださいませ。