空港近くの港町にある農園

リトリファーム

todayご予約
いちご狩りの
ご予約はこちら

当日のご予約もご相談ください。

0120-210-219 受付時間︰9:00~17:00
LINEで問い合わせ

【重要】こちらの告知は4月11日の記事であり、現在はいちご狩りをおこなっておりません。ご了承下さい。

=================================

いつもリトリファームをご利用頂き誠にありがとうございます。

2020年4月10日、鳥取県でも新型コロナウイルスに感染された方が見つかりました。それを受けまして今後のリトリファームの方針を掲載させていただきます。

当農園では引き続きいちご狩りの継続をしていきたいと考えております。理由は3つございます。

その1:3密(密閉、密集、密接)にならないような取り組みをしている
いちご狩りを行っていただくハウス内は防虫ネットからそのまま風が入ってくるため、風通しのよい状態となっており密閉空間となっておりません。また、時間帯でハウスに入っていただくお客様を時間帯辺り2組様と制限することで密集状態を避けています。さらに当農園スタッフはマスクを着用し、極力離れて説明することで密接状態にならないようにさせていただきます。これらの状態にコントロールすることで3密を回避し感染リスクを極力減少させていきます。

その2:生で喫食する食品を介した感染事例が報告されていない
厚生労働省によると2020年4月1日時点で食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていないようです。つまり、食品を介しての感染リスクは現時点で低い可能性があります。ただ、手指への接触によるウイルス付着の可能性があるため、当農園では対策としてハウス内の消毒だけでなく、お客様に手指の消毒とビニール手袋を着用して収穫していただく形を採用して、ウイルス付着の防止を行っております。
出典:厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A

その3:続けてほしいというお客様からのご要望がある
この部分がいちご狩りの継続に踏み切った一番大きな要因です。4月といえばお花見やイベントの時期ですが、それらも感染リスクがあるため自粛ムードとなっております。その中でよく耳にするのが「何もやることがない」という言葉です。お客様からは「やることが限られるからできるだけ続けてほしいです」というお声をいただいており、当農園はこの声に答えたいと考えております。確かに休日に家にいることが感染リスクを減らすのは事実です。しかし、相対的に感染リスクの低い場所へのお出かけまで制限する必要があるかどうかは分かりません。「何もやることがない」ストレスを抱えるよりも、楽しんでいちご狩りをしてほしいと思っております。

長文となりましたが、この3点を考え抜いた結果、4月10日以降のいちご狩り継続をしていく形となりました。皆様へはご理解いただければと思います。

状況は一刻と変化しているため、急に休園を行う可能性もございます。その都度ホームページにて情報を開示していきたいと考えております。
何卒宜しくお願い致します。

いちご狩りのご予約はこちらから。
当日予約もご相談ください!

tel.0120-210-219
電話受付時間:9:00~17:00

お電話の際は
「お日にち」「参加人数」「時間帯」「電話番号」
4点をお伝えくださいませ。